復帰、といいますか、浮上

[時事的お知らせ]2006年10月15日

 大変に……大変にご無沙汰致しておりました。もしご心配くださった方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳ございません。たぶん当面は大丈夫です。

 

 やはり自分は夏に非常に弱いようです。
 昨年も派手でしたが、今年も、創作文章はおろかメールの返信文さえもろくに構成できない期間、というのができてしまいまして。ここまでの空白期間がそれです。(それを除けば完全に健康というのとはちょっと違いますが、存外、だらだらと元気、なのです)

 拍車を掛けたのは、先回ご報告後にさらに一度、「動けない」状態を野外、しかも自宅から最寄りのコンビニの駐車場という無駄に目立つところでやってしまったわけで……少し休んでいれば勝手に治る、という説明も上手い事できず(……というか、ハタから見ると相当ヤバい状態に見える模様)、救急車を呼んで下さいました。(※精神的要因は不明。ただ、すくなくとも私の現状病状程度では死にゃぁしないどころか過呼吸等とも無縁なので……抗不安剤でも口に放り込み、ただ状況が去るまで待つのみ。)

 これ自体は大したことはなかったのですが……「また、救急車沙汰にしちゃったらどうしよう」のマイナス思考でばっちりヒキコモリ化&暑さ負けかクーラーぼけか、のーみそもうまく回らず小説はおろかマンガ読めれば御の字……。


 涼しくなると同時に、基本的に状況は好転しております。
 なんだかんだで10月1日の同人誌即売会・一次創作オンリー・コミティアin名古屋にはきっちり参加して居りました。赤に黒チェックの見るからにゴスロリです、という格好でしたので、おそらくコスプレ禁止の会場では異様に変な……もとい、変わったのがいるな、と目立っていたかと思います。
 覚王山祭りは月に一度、私の行動力が死体寸前のごとくなる一週間−月経−にかさなって断念するも、昨日、復讐のごとく楽しんで参りました。
※────余談ではありますが、ゲンキンなウツ患者もいるものだ、とは思わないでください……他の本当の該当の病気の方のために。私自身は抑うつ症状も出ますが「神経症」に分類されるもので、彼らが気分障害として出るはずの症状のものが、気分をいくらかすっとばして神経を突き、神経が突く各所(……全身ですね)に痛みやその他諸々の影響を与えているモノ……と、自分では解釈しています(…ひょっとしたら勘違いの可能性が……)────※


 前回復活もそうでしたが「どれから手を付けようか」という移行期間が状態が現状のような気がします。(その第一弾が旦那の買ってきたFainal Fantasy 3」とか服や紅茶の買いあさりというのも……いかがなものか、という気もしますが…)

 さしあたり復活宣言……に、なるといいな……(希望)


■コメント
投稿者: 嶌みのぶ

復活おめでとー!
身体は大事にね。

コミティアと覚王山は楽しかったねえ。また行こう!

ブログもいつも楽しみにしているのでムリしない程度に更新してくれるとうれしいな。

こちらのブログにも適当に遊びにおいで〜。

2006年10月18日 00:43

■コメントを投稿

  

  

  


■トラックバックURL:http://genso.boo.jp/mt/mt-tb.cgi/88■
■この記事のURL:http://genso-bungaku.role-r.com/blog/2006/10/post_59.shtml■
←Prev TOP Next→

幻創文楽庭園 
Copyright©1999-2006 龍魔幻,All rights reserved.