『虚実を残す法』

Twitter300字ss テーマ:紙/2022.04.02.

 ろうそくの炎がパチパチと跳ねる。
 魔法を記した紙片はチリチリと音を立てて灰になる。

 記憶は曖昧、記録は燃え落ち、あるいは改竄の記述を残し、石版では僅かな断片しか伝えることができず。
 全てを残すには、いかにすべきか。
 魔術師の手で、紙片は熱い炎にかけられ、細かな灰になって落ちていく。

 全てを、残すには。

 発掘された曰くありげな水晶は、長く、何か宗教的な象徴だろう、と思われていた。
 誰かが、その国宝級の遺物に電子機器を触れさせたとき、一気に情報が動いた。
 紙に、データに、誰かの脳内に、様々な情報を刻みつけた。

 ようやく、制御システムが完成した。
 かつて灰になり、水晶と化した紙は、遙かな時を経て、過去を語り始める。

コメント、感想など頂けると嬉しいです

タイトルとURLをコピーしました