果て無き宇宙への旅

  • 【作品】
  •   First Online up:2000/10/08  Lust Revise:2004/11/17
  • 【添え書き】
  •   First Writing:2004/01/21  Lust Revise:2021/12/16
  • 【同人誌情報】
  • 詩集『空と星の物語』に収録
  • 『うぞむぞ楽舎~文楽短編集~』(2017年10月08日) に収録
添え書き

このお話は、SFショートショート風のお話……なんですが………と、いうか、それを目指して書いたつもりだったんですが……
なにせ龍魔幻は根っからの文系人間。判るヒトにはすぐ判ると言われる相対性理論云々はおろか、
ともすれば三角形の一辺の長さの出し方すら、ちょっと油断しているとすぐに頭から抜けていってしまうようなノーミソです。

……唐突に話が飛びますが、自分のハンドルを『Yahoo! Japan』とか『Google』等の検索エンジンに打ち込んでみたことはありますか?
「龍魔幻」なんてのは滅多に全く同じハンドル使ってるひとがあるものでもないので、やってみたらだいたい、自分が絡んでいたページばかりがヒットします。
相互リンクしてくださってる方のリンクページとか、投稿しているメーリングリストの公開ログとか、かつて書き込んだ掲示板のログとか…………
私は全く見知らぬ他人様に気にかけてもらえるようなことをできていないので、9割9分方、なにかしら見覚えのあるページばかりがひっかかるんです。
……が。ここで一つ、まったく知らない方のサイトに自分の名前がヒットしました。タイトルは『オンライン小説メモ』。
トップに戻る、というようなリンクは無かったので、アドレスバーを削ってトップページを探すと、オーナーは『価格』さん、とうい方。ただし「あきたんでやめます」の文字が……
それでもオンライン上にファイルを残してあるのだから、たぶん公開しつづける意志はあるだろう、と判断して、ここにリンクを張って、ちょこっと引用させていただきます。
オンライン小説メモ】……で、Hitしたページは【ここ(現在、リンク先無し)

価格さん曰く

『恒星間探検隊の隊長ならば、当然人並みの天文知識と人並み以上の判断力を持ち合わせているはずで。乗組員のなかには、当然専門的な天文知識を持ち合わせた人がいるはずで。この程度のことを、その場に行くまで気づけないって言うのはないでしょ。』

……はい。まったくもって、その通りでございます。なんていうか、小学校の教科書を漠然と読み返して思いつきで書いたのがバレバレです。
実はこのお話、インターネットの内外で少しずつだけ、ほめてくれる方がいらしたんで、密かにいい気になってたりしたんですよね。
でも言われてみればそのとおり……っていうか、言われなければ気がつかない自分もちょっとどうかと思いますが…
ちなみにこのページを見つけて、自分の作品がけっこうなトンデモモノだと知ったのは……もう2年くらい前です。
それでも、こういうことを言うヒトに読んで批評(…以前の問題かもしれませんが)をしてもらえていた、というのは、うれしかったです。
これをふまえて……これからはもうちょこっと、前後事情をきちんと考えて書こう、と決心しました。
……頭の中身がついて来ないのはどうしようもないですが。

そんなこともあって、恥さらしを承知の上で、当面、公開しっぱなしにしておくつもり。

コメント、感想など頂けると嬉しいです

タイトルとURLをコピーしました